京都国立博物館「国宝展」

先日「国宝展」に行ってきました。

伝源頼朝像や尾形光琳の燕子花図屏風など、滅多に見られない国宝が、満載あって、たくさんの人でにぎわっていましたが、飽きることなく、見られました。

中でも、縄文時代の「深鉢形土器」に目を見張りました。

その、フォルムの美しさと、三千年前の土器が、完ぺきな形で残っている不思議さに、魅力されました。

これを作った作者は、これをどんな気持ちで作り、これが時空を超えて、三千年後に多くの人が見ることができるなんて、奇跡ですよね!

本当に凄い国宝展でした。